11/7 あかりバンク主催の交流会

《 あかりバンク主催 初の交流会を開催 》

『あかりバンク』主催の初の交流会 〜「ほほ笑むあかり展」打ち上げ & 「街角の電気スタンド」と語る会 〜 を11月7日(土)に中之島で開催しました!

image

照明塾の講師/受講生・医療関係の方々・患者さんのご家族さん・照明業界の方々・福祉関係の方々・地域活性化事業の方々・グリーフケアの勉強されている方、癌患者サポート支援の活動をされている方‥‥と、いろんな分野の方たちがたくさん集まって下さいました。お互いの職種や立場を越えて交流を深めることが出来た意義深い交流会となりました。

今、『あかりバンク』の「共感者」の輪が確実に広がっていっているのを感じます。「心のケア」が必要とされる医療や福祉の現場にあたたかい手作りのほのかなあかりを灯すことによって、「あかりの癒しの力」で安らぎや笑顔の生まれる世界を多くの人と一緒に創造していきたいです!

記念すべき第1回目の交流会に参加して下さった皆さま! 本当にありがとうございました(*^^*) これからも『あかりバンク』の応援団でいて下さい! 共感者の輪がどんどん広がっていくように活動を展開していきたいです。新たにご興味をもって下さった方もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

《 照明塾 講師の皆さん 》

image

いつもお世話になっている方々! この世界で頑張ろうと思えたのは、いつも明るく優しい講師仲間の皆さんのおかげです。ご依頼を受けて手作り照明の「出張教室」を開催する際は、講師が派遣で皆さんの元へ参ります。

 

《 照明塾 受講生の皆さん 》

image

手作りのあかりをこよなく愛し、素敵な作品を次々と生み出す頼もしい受講生の方々。

 

《 照明業界の方々・福祉関係の方々・地域活性化事業の方々・患者さんのご家族さん 》

image

初対面の人同士もすぐにうちとけて話に花が咲いていました。これもあかりのもつ「引力」!

 

《 医療関係の方々 》

image

この手前にいらっしゃる医療関係の方々のいいショットを撮りそびれてしまいました ! 淀川キリスト教病院「ホスピス・こどもホスピス病院」の方々、こどものホスピスプロジェクト(TSURUMIこどもホスピス)の事務局の方々、兵庫医科大学病院の方、グリーフケアの勉強をされている方など。『あかりバンク』をすでに取り入れて下さっている方々と、これから導入を考えている方々による交流が深まる良い機会となりました。

 

《 『ほほ笑むあかり展』会場の中之島公会堂をのぞむテラスデッキ席のあるお店で 》

美味しい野菜をふんだんに使ったヘルシー中華料理の店『農家厨房』さん。本日貸切!

image

image

 

《『街角の電気スタンド』に次々と変身! 》

大阪府主催のアートイベント『おおさかカンヴァス 2015  たたかう芸術祭』において審査員特別賞の『明和電機賞』を受賞した橋田塾長の作品『自分自身で都市を照らす〜 街角の電気スタンド』に変身する人が続出。これをかぶればみんな「ライトマン」! これからも『あかりバンク』の広報に、イベントなど日本中で活躍予定です。

image

image

image

 

11/10 兵庫医科大学病院 小児科病棟へあかりを灯しに

11月30日(月)の夕方から、病院スタッフさん対象の『手作り照明教室』を開催する兵庫医科大学病院。小児科病棟で「あかりを灯した雰囲気」を感じていだくために、いくつかあかり作品を灯しに行って来ました。

いわゆる「一般的な既存の病棟」で『あかりバンク』をどう導入し、力を発揮していくことが出来るか。「公的医療機関」で「癒しのあかりの必要性」をどれだけ感じてもらうことが出来るか。そういう意味で1つのモデルケースとなる意義深い取り組みとなります。

この取り組みはベテラン講師の田中さんが中心となって展開していきます。そして事務局長の坂東も一緒に動きます。今回「このあかりを灯してみて下さい」と素敵な作品を2つお貸し下さった照明塾受講生のKさん。ありがとうございます(*^^*) 皆さんに喜ばれています!

image

 

《 小児科病棟スタッフステーションのカウンターに灯してみました 》

『小児科スタッフステーションのカウンター』にあかりを灯してみました✨
改装されたばかりの病棟なので清潔感にあふれた空間です。さらにあかりが灯ることで、患者さんやご家族さんやお見舞いに来られる方たちをお迎えする場所として『あたたかさ』や『親しみやすさ』を感じる空間になりました。

image

image

image

 

《 病室にあかりを灯してみました 》

『病室』にあかりを灯してみました✨
各病室の窓際奥に共用の洗面台が。小さな子供さんのいる病室だけにいろいろと汚してしまうことや手や物を洗う機会が多く、皆さんがよく使うスペースです。夜は部屋上の蛍光灯が消されて真っ暗ということで、よくある「暗くて寂しい夜の入院病棟」の光景になってしまいます。

あかりが灯った様子を見た看護中のご家族さんや看護士さんや保育士さんが『すごくあったかい感じがする〜』と嬉しそうに眺めていらっしゃいました。相部屋の各ベッドを仕切っているカーテンを皆さん全開にして、幼いお子さんに「見てごらん!ほらほら!すごい可愛いあかり!あったかいね〜!」と話しかけていらっしゃいました (*^^*) そんなお声を生で聞ける瞬間に立ち会えてすごく幸せでした。

image

image

image

 

 《 調乳室にあかりを灯してみました 》

『調乳室』にあかりを灯してみました✨
乳児の患者さんも多いため、夜中も暗い廊下を歩いて調乳室に訪れるお母さんたち。夜中のしんどい調乳作業も、あたたかいあかりが空間にあることで少しほっとしてもらえたらと思います。

image

image

 

《 休憩室にあかりを灯してみました 》

『休憩室』にあかりを灯してみました✨
看護に疲れた時、ちょっとお茶休憩やお食事休憩をしたい時、お見舞いに来て下さった方と語らいたい時 。 いろんな目的でいろんな人が利用することの多い休憩室。皆さんがよく使う「給茶機」の上にあかりを灯してみました。ちょうど時計があり、時間に追われたり疲れを感じたりしている人たちの心の緊張を少しでも和らげることが出来たらと思います。

image

image

 

《 病室入口のあかり 》

廊下の病室番号のところに大きめの「マグネットボード」を順次設置中なのだそうです。ここに小さなマグネット式のあかりを灯していけたら‥‥と看護士さん。夜中にトイレに行くために暗い廊下を歩く時の怖い気持ちが軽減されたり、トイレの帰りに部屋に戻る時に自分の部屋を見つけやくなるのではと。実現に向け『マグネット式のあかり』を考えたいです。『現場の声』を大切に汲み取りながら、柔軟に動いていきたいです。

image

image

 

 

 

10/27 あかりの修理活動

淀川キリスト教病院「ホスピス・こどもホスピス病院」に『あかりのお直し隊』第2回目の活動に行ってきました。今回の参加メンバーは6名。
和紙が破れてしまったり、針金の溶接がはずれてしまったりしているあかりたち‥‥破れたり壊れたりしているのは、それだけ病院の中で日々灯していただいている証。参加メンバー全員そのことに感慨深い想いを抱きながら、真心を込めてひとつひとつ丁寧に修理をしていきました。

《 あかりの修理作業風景 》

☆ 修理してもらうのを待っているあかりたち

image

☆ おなかが破れてしまったライオンさん

image

☆ 手足が破れてしまったぞうさん

image

☆ 長いお耳が破れてしまったうさぎさん

image

☆ 針金の補強ラインが足りなくて破れてしまった赤い車

image

 

《 修理の終わったあかりたち 》

修理の終わったあかりたち。さっそく病棟に灯されていきました。

今日からまた元気いっぱい病棟をあたたかく包み込みます。

image

image

 

《 皆さん!この活動に参加してみて下さい!》

このあかりの修理活動。手作りのあたたかなあかりたちが医療の現場で愛されながら使われていることが実感できて、自身自身が幸せな気持ちでいっぱいになれる活動です。『あかりバンク』の活動のひとつとして大きな意味を持つ活動だと思います。この活動はこれからも継続的に続けていきますので、ぜひ多くの方に参加して頂けたらと思います。次回の活動予定が決まりましたらお知らせいたします。

坂 東  圭 美

《 新しくお届けしたあかりがさっそく灯されていました 》

10月22日に個人的に「こどもホスピス」に届けた『ハートのプレゼントBOX』のあかり。5日後の今日修理活動で訪れたら、病室の入口にさっそく灯してくれているお友達がいてとても嬉しかったです。

image

 

image

 

11/7 あかりバンク トークイベントに出演

《 あかりバンク トークイベントに出演 》

阪急百貨店うめだ本店 「チャリティーネットワークH2Oサンタ」のトークイベントに『あかりバンク』が登壇いたしました。日時は11月7日(土) 13:00〜/16:00〜

9階祝祭広場と催場ではちょうど人気の「イタリアフェア」開催中。多くのお客様で賑わっている中でのトークイベント。『街角の電気スタンド』に扮した「ライトマン」姿の橋田塾長と『あかりバンク』事務局長の私とで「掛け合いトーク形式」で各回30分間のトークをいたしました。

image

image

休憩に何気にステージ前の大階段に座っていらっしゃる多くのお客様。トークが始まり、話の内容にだんだん熱心に聞き入って下さる共感者の方が増えていっているのを話しながら感じとることが出来ました。16:00の回の時には自然と拍手が起きる瞬間が何度かあって、とても嬉しく思いました。これからも『H2Oサンタ』企画のトークイベントやブース出展などで阪急さんとのおつきあいは続いていきそうです。

《 トークイベントの動画 》

https://youtu.be/Qu5bYWElfrg

《 嬉しいお客様 》

出張ヨガ教室インストラクターの 冨田 朱里 さん。『座ってできる椅子ヨガ』という本も執筆されていて、病院などへの出張ヨガを積極的にされているとのこと。「あかりとヨガ」のコラボに興味を持って下さっています。お名前が「あかり」さんで『あかりバンク』とのコラボにぴったりのお名前です。笑顔の素敵な方でした。

image

 

「TURUMI こどもホスピス」あかりバンク導入検討中

日本初『コミュニティ型こどもホスピス』がもうすぐ誕生

一般社団法人「こどものホスピス+プロジェクト」が、日本初の『コミュニティ型こどもホスピス』を、大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地内に建設中です。名称は「TURUMI こどもホスピス」。2015年12月竣工予定です。「あかりバンク」も協力を申し出ていて、館長さんや事務局の方と打ち合わせを進めています。この「TURUMI こどもホスピス」がモデルケースとなって、今後全国にこうした地域密着型・地域交流型のこどもホスピスの建設が広がっていきます。『あかりバンク』が活躍出来る施設が増えていく気運が高まってきました。

 

「TSURUMIこどもホスピス」ウェブサイト : http://kodomohospice.jp/