2/24・25・26 阪急百貨店 H2Oサンタ NPOフェスティバル

《 H2Oサンタ NPOフェスティバル ブース出展 》

2月24日・25日・26日の3日間、阪急百貨店 梅田本店 祝祭広場にて「第3回 H2Oサンタ NPOフェスティバル」に『あかりバンク』のブースを出展いたしました。

社会で活躍する社会貢献団体と一般の方々を結び、活動の支援やチャリティーの輪を広げるこのフェスティバル。多くの活動団体がある中で、昨年の夏に行われたフェスティバルに続いて参加の機会をいただくことが出来ました。

image

image

image

「H2Oサンタ」についてはこちら ⇨ホームページ

 

《 子供たちの絵をあかりに 〜 『momoプロジェクト』 》

今回ブースでは新たに始動する活動『 momoプロジェクト』を中心に紹介しました。子供たちの絵をあかりにして病院などに寄贈する活動です。

image

image

 

《 ももちゃんとの出会い 》

この活動を始動するきっかけとなったももちゃん。ももちゃんは淀川キリスト教病院のこどもホスピスで入院中に『あかりバンク』が届けた「手作りのあかり」をものすごく気に入ってくれた女の子。小児がん寛解中の明るく前向きな子供さんで、病院で「あかり好き」になったももちゃんは、退院後に車椅子で照明塾まであかり作りの体験教室に来てくれました。その時の作品がこちらです。⇨

image

image

そして今度は、ご家族さんからももちゃんが描いた1枚の絵が送られて来ました。この絵をあかりにしていただきたいと。それが『momoプロジェクト』冒頭の絵とあかりです。

こんなあかりが、病院に入院中だったり高齢者施設にいるおじいちゃんやおばあちゃんのそばにあったら、どれだけ心が和むことでしょう。子供の絵の発想力は素晴らしいです。そしてその絵が「あかり」になることで「明るさ」や「優しさ」がよりいっそう引き出され、心をあたためる大きな力をもちます。

 

《 院内学級などでの描いた絵をあかりに 》

また、入院中の子供たちが「院内学級」などで描いた絵をあかりにして病室などに灯ると、子供たちの心がどれだけ楽しくなり、病院が明るい雰囲気になることでしょう。

この度、病気の子の「きょうだい」支援の活動をしていらっしゃる『しぶたね』さんのご協力を得て、病気の子やきょうだいさんが描いた絵を送っていただき、あかりにしてみました。

image

image

『しぶたね』さんについてはこちら ⇨ホームページ

絵を描いた本人とご家族さんがご来場になって記念撮影。この写真のような笑顔が、このプロジェクトを通して病院でたくさん生まれることでしょう。

image

image

 

《 チャリティーグッズ ハート型の『 i (愛) ライト』の販売 》

この度『あかりバンク』のチャリティーグッズとして照明塾の『 i (愛) ライト』が登場 〜 光はロウソクの炎のように優しく揺れるLEDキャンドルライト。音や振動で反応するセンサー付きなので、手を叩いたり息を吹きかけたりするとついたり消えたり。子供も大人も楽しくなるあかりです。押しピンなどで壁など好きな場所に引っ掛けて使えます。

販売価格は1500円。今回の売り上げの一部は『あかりバンク』の活動資金とし、一定額が集まる毎に寄贈するあかりの数が増えていく仕組みです。

image

image

 

《 活動資金のご支援・ご寄付をお願いします 》

『あかりバンク』では随時ご寄付を承っております。ご寄付の額が5000円貯まると1台のあかり(ナイトライト)を届けることができます。1つでも多くのあかりを、1つでも多くの病院に届け、ライトテラピーの力で笑顔の生まれる空間を作り出したいと思います。ご協力よろしくお願いいたします。

image

支援金の振込先

郵便振替  加入者名  あかりバンク

口座記号番号  00910ー5ー307933