6/8 四国こどもとおとなの医療センターへ行きます

6月8日、ホスピタルアートの活動で話題の「四国子供と大人の医療センター」(香川県善通寺)へ行くことになりました。この病院で子供の虐待に力を入れている先生がおられ、来年行われる学会のポスター作りの一環であかり作りを行おうということになりました。このプロジェクトに関係する人たちがあかりを作り、そのあかりを相談室などで活用しようというものです。

今回のテーマは「あかりの森」にしようと思います。去年クリスマスの時に子供達に作ってもらったクリスマスツリーの応用です。光源はリモコン式LEDキャンドル。マルチカラーで色が変わります。色は人の心に大きな影響を与えます。相談室では好きな色の木のあかりを選んでもらい、それを灯しながらお話を聞こうという試みです。

この医療センターでは院内にアートディレクターがおられます。これは日常的に病院にアートを生かそうという先進的な試みです。その病院であかりを生かすプロジェクトのきっかけができました。ただ、まだ予算がつく段階ではありませんので資金は「あかりバンク」で調達する必要があります。ぜひ皆様のご支援をお願いいたします。

医療センターでのアートの取り組みも最初は予算もつかず、ボランティア的な活動だったようです。実績ができた今では予算もつくようになり活動の幅も広がっているようです。アートディレクターの方もあかりバンクには大きな期待を寄せてくれています。これから一緒に実績を作っていき、私たちの活動が当たり前のことになるように頑張っていきたいと思います。

IMG_8263

「あかりバンク」の活動を広めていくには皆様からのご支援が大きな力となります。
活動資金のご支援をいただける方は以下の郵便振替でお願いいたします。
皆様のお支援を得て、一つでも多くの病院に癒しの灯りを届けられたらと願っています。
郵便振替 00910-5-307933 あかりバンク