病院deあかり展2013

お陰様をもちまして、たくさんのご来場を頂き、無事終了いたしました。
展示の様子は、こちらでご覧いただけます⇒ 2013 病院deあかり展フォトギャラリー

2013.10 「病院deあかり展♥千葉東病院」を終えて

国立千葉東病院で行った「病院deあかり展」は、650名にも及ぶ来場者があり、多くの皆様に「癒し」と「感動」を感じていただく貴重な時間となりました。

そして、それは来場者だけでなく、作品を出展された皆様や今回会場設営に協力いただいたライティングアカデミーの皆さんも同じ気持ちではなかったでしょうか。

振り返ってみると、この活動は私が「スヌーズレン協会」に呼ばれて「心癒す灯り~ライトテラピー」の講演をし、灯りを寄贈するのでご希望があれば・・・と呼びかけ、それに保育士の小野澤さん(当時、国立下志津病院)が応えてくれたのがの始まりです。
もう7年程前の事になります。

しかし当時、私がやろうとしている事を理解し一緒に行動しようという人はほとんどいませんでした。

ところが昨年の「こどもホスピス」への100点のあかりの寄贈に続き、今回の「病院deあかり展」と、多くの方がこの活動に共感し一緒に行動してくれるようになりました。
これでやっとスタートラインに立てたなという思いでいっぱいです。

私はあかり展の会場にいて、あの空間がとても気持ちよかったのですが、それにも増して嬉しかったのは、皆さんが笑顔で「ありがとう」という感謝の気持ちを口にされていることでした。
あかりを通して、そしてこの展覧会を通して、多くの人がより深く繋がったなと感じることのできる瞬間でした。

今回、実行委員長を引き受けてくれた太田陽貴さんに運営をお願いした時、受諾の返信メールに次のような一文がありました。
「あかりバンクの活動は、灯りをともす人と作る人とを結び、まわりにいるひとに幸せを運ぶ本当に素晴らしい活動だと思います。ご協力できる機会をくださり、ありがとうございます!」
このメールをもらった瞬間、これは太田さんに100%任せようと決めました。

あかりで人に幸せを運ぶ・・・「あかりバンク」はそんな活動です。これからも皆様のご協力よろしくお願いいたします。

最後に、今回関わってくださった全ての皆様に深く感謝致します。ありがとうございました。

照明塾/塾長 橋田裕司

 


2013akariten

病院は患者さんにとって治療を受ける場所ですが、長期の入院患者さんの様に病院そのものが生活の場所になっている方もいます。治療以外の時間や場所においても、多くのストレスを抱えながら過ごしており、心のケアが求められています。

そこで、今回、病院に温かいあかりを灯す「病院de あかり展」を開催することとなりました。あかりには、人の心を癒す力があり、同じ場所や空間が、あかりを変えるだけでガラッと変わります。あかりを心身に障害を持つ方々への療育活動の一つとしている千葉東病院療育指導室と、あかりを自分の手で作り、あかりの効果を「ライトテラピー」と提唱している照明塾、快適な空間をつくる照明デザインを学ぶOZONEライティングアカデミーの受講生の出会いから生まれたイベントです。

展示の対象は、主に入院患者さん、患者さんのご家族や病院のスタッフの方々としておりますが、一般公開の日を設け、近隣住民の皆様はじめ病院を訪れる方々においてもあかりによる癒しの時間を楽しんで頂ける展示を目指しています。

手作りのあかりには、一つとして同じものがありません。お気に入りのあかりを見つける楽しみを是非味わって下さい。

尚、手作りあかりの一部を千葉東病院へ寄贈することで、展示期間終了後も引き続き癒しのひと時を演出し楽しんで頂ければと願っています。

病院に温かいあかりが灯る。心も身体も癒されるホッとする場所。そんな病院がどんどん増えて、将来的には当たり前になっていくことを願っています。

たくさんの皆様のお越しをお待ちしています!

日 時・展示対象者 平成25 年10 月6 日(日)9:00~17:30
展示対象者:一般公開
※入院患者さん、患者さんのご家族、病院スタッフさんも入場できます。平成25 年10 月 7 日(月)、8 日(火) 9:00~17:30(最終日15:00)
展示対象者: 入院患者さん、患者さんのご家族、病院スタッフの方 
会 場 独立行政法人 国立病院機構 千葉東病院 療育指導室内施設 (ホームページ)
展 示 手作りあかり、照明効果による癒し空間の演出、展示をする。
手作りあかりの寄贈 展示後に希望者の作品を病院へ寄贈する。
共 催 独立行政法人 国立病院機構 千葉東病院 療育指導室 / 照明塾(代表 橋田裕司)
協 力 OZONEライティングアカデミー/コクボ電機株式会社
協 賛 ルートロンアスカ株式会社/株式会社ディクラッセ
問合せ先

照明塾あかりバンク 病院deあかり展実行委員会事務局  ~ヒダマリデザイン設計室内
担当:太田 Tel&Fax:04-2936-6186  e-mail: yokiki@ringo-juice.net

照明塾あかりバンクHP:http://osaka.shomeijuku.com/wordpress/

【病院までのアクセス】

【JR千葉駅下車】
東口バスターミナル2番から千葉中央バス
「誉田駅」、「鎌取駅」、「千葉リハビリセンター」、「星久喜台経由大宮団地」にて
「千葉東病院前」下車  徒歩1分(バス乗車所要時間約20分)

【JR蘇我駅下車】

バスの本数はJR千葉駅が多い。 東口バスターミナル3番から千葉中央バス「鎌取駅」

または 東口バスターミナル1番から 小湊鐵道バス「千葉南高校」にて「千葉東病院前」下車  徒歩1分
(バス乗車所要時間約15分)

【京成千原線】
大森台駅下車、 徒歩15分または 千葉中央バス「鎌取駅」

または 小湊鐵道バス「千葉南高校」 にて「千葉東病院前」下車  徒歩1分

(バス乗車所要時間約 7分)

【車の利用】
京葉道松が丘インターより  2㎞ 約7分